最終更新日: 2008/07/03

XSL 1.1 サンプル

XSL 1.1 サンプル 一括ダウンロード

カテゴリー オブジェクト
プロパティ
説明
change-bar 6.13.2 fo:change-bar-begin
6.13.3 fo:change-bar-end
7.30.1 change-bar-class
7.30.2 change-bar-color
7.30.3 change-bar-offset
7.30.4 change-bar-placement
7.30.5 change-bar-style
7.30.6 change-bar-width
sample-change-bar.fo

sample-change-bar.pdf

改訂バーを表示する機能です。

change-bar-classで名前付けされた改訂バーをfo:change-bar-beginのある位置から、同じchange-bar-classを持つfo:change-bar-endのある位置まで引きます。fo:change-bar-beginとfo:change-bar-endは改訂バーの開始、終了位置を示すオブジェクトで、fo:flowの下位ならどこにあってもかまいません。

change-bar-placementで改訂バーを段に対して左右・内側・外側等、どの位置に配置するかを指定します。change-bar-color、change-bar-offset、change-bar-style、change-bar-widthは、fo:change-bar-beginに指定するプロパティで、改訂バーのカラー、本文からのオフセット、スタイルを示します。

bookmark 6.11.1 fo:bookmark-tree
6.11.2 fo:bookmark
6.11.3 fo:bookmark-title
sample-bookmark_1.fo

sample-bookmark_1.pdf

主にPDFのしおりを作成するのに使用する機能です。

fo:bookmark-treeは、fo:rootの直下、fo:declarationsとfo:page-sequenceの間に配置します。fo:bookmark-treeの子要素はfo:bookmarkで、fo:bookmarkを入れ子で階層的に構成してしおりを表します。

しおりのタイトルは、fo:bookmarkの子要素のfo:bookmark-titleで指定します。しおりのジャンプ先は、fo:bookmarkのexternal-destinationもしくはinternal-destinationプロパティで与えます。

indexing 6.10.2 fo:index-page-number-prefix
6.10.3 fo:index-page-number-suffix
6.10.4 fo:index-range-begin
6.10.5 fo:index-range-end
6.10.6 fo:index-key-reference
6.10.7 fo:index-page-citation-list
6.10.8 fo:index-page-citation-list-separator
6.10.9 fo:index-page-citation-range-separator
7.24.1 index-class
7.24.2 index-key
7.24.3 page-number-treatment
7.24.4 merge-ranges-across-index-key-references
7.24.5 merge-sequential-page-numbers
7.24.6 merge-pages-across-index-key-references
7.24.7 ref-index-key
indexing.fo
indexing-link.fo

indexing.pdf
indexing-link.pdf
索引に関する機能が強化されています。
  • fo:index-range-begin, fo:index-range-endの組み合わせで、一定の範囲に対して1つの索引語を割り当てることができます。索引のキーとなる値はfo:index-range-beginのindex-keyプロパティに指定します。
  • 通常は索引語が存在した箇所に対応してfo:wrapperを生成し、index-keyプロパティに、索引語のキーとなる値を指定します。
  • 実際の文書の索引部分には、索引語を表示し、次いでfo:index-page-citation-listを置きます。fo:index-page-citation-listには、その子要素としてfo:index-key-referenceを列挙します。
  • fo:index-key-referenceは索引語の属するページを表します。これにはref-index-keyプロパティで索引語のキーとなる値を指定します。またpage-number-treatmentプロパティで参照ページをハイパーリンクとするか否かを指定できます。
  • fo:index-key-referenceで表される索引語の属するページは、単独ページの場合や、fo:index-range-begin, fo:index-range-endに対応した一定範囲のページになる場合、さらにこれらの集合となる場合もあります。参照ページの重複を除去したり、範囲のページを重複する単独のページとマージしたり、連続したページを範囲にマージするために、以下のプロパティが設けられています。これらはfo:index-page-citation-listに指定します。
    • merge-pages-across-index-key-references
    • merge-ranges-across-index-key-references
    • merge-sequential-page-numbers
multiple flow 6.4.22 fo:flow-map
6.4.23 fo:flow-assignment
6.4.24 fo:flow-source-list
6.4.25 fo:flow-name-specifier
6.4.26 fo:flow-target-list
6.4.27 fo:region-name-specifier
7.27.18 flow-map-name
7.27.19 flow-map-reference
7.27.20 flow-name-reference
7.27.21 region-name-reference
example1-3-mcol.fo
example1-3.fo
example1-odd-even-3flows-widthChange.fo

example1-3-mcol.pdf
example1-3.pdf
example1-odd-even-3flows-widthChange.pdf
flowとregionのマッピング機能が強化されています。
  • fo:flow-mapは、fo:layout-master-setの子要素であり、flowとregion名のマッピング表を表す親要素です。
  • fo:flow-mapは、複数の子要素のfo:flow-assignmentからなります。
  • fo:flow-assignmentは、fo:source-listとfo:flow-target-listからなり、fo:source-listで記述されたflow名を、fo:flow-target-listで記述したregion名にマッピングします。
  • このデータ構造により、1つのflowを複数のregionに分割して配置したり、複数のflowを1つのregionにまとめて順に流し込むことが可能になります。
  • fo:flow-mapの名前はflow-map-nameプロパティで定義され、fo:page-sequenceのflow-map-referenceプロパティから参照され、そのfo:page-sequenceで使用されます。
graphics scaling 6.6.15 fo:scaling-value-citation
7.30.9 intrinsic-scale-value
7.30.14 scale-option
scaling-value-citation.fo

scaling-value-citation.pdf

画像のスケーリング値を取得するオブジェクトが追加されました。

  • fo:scaling-value-citationで、そのref-idプロパティで参照されるfo:external-graphicのスケーリング値が取得できます。
  • fo:scaling-value-citationのscale-optionプロパティで、スケール値が画像の幅か高さかを指定できます。
  • fo:scaling-value-citationのintrinsic-scale-valueプロパティ(%値)で、本来の画像のスケール値が指定できます。
7.15.1 allowed-height-scale
7.15.2 allowed-width-scale
allowed-height-scale.fo
allowed-width-scale.fo

allowed-height-scale.pdf
allowed-width-scale.pdf
各々fo:external-graphic、fo:instream-foreign-objectで表される画像の高さと幅のスケーリングの許容値をパーセント値の列挙か"any"で指定します。
retrieve-table-marker 6.13.7 fo:retrieve-table-marker
7.25.2 retrieve-boundary-within-table
7.25.6 retrieve-position-within-table
TableContinued_01.fo
TableContinued_02.fo

TableContinued_01.pdf
TableContinued_02.pdf
fo:retrieve-table-markerとfo:markerの組み合わせで、ページにまたがるテーブルに継続マークを表示したり、フッターにサブトータルを表示できるようになりました。
page number referencing 6.6.12 fo:page-number-citation-last
7.30.10 page-citation-strategy
test-page-citation-strategy-break-after-odd.fo

test-page-citation-strategy-break-after-odd.pdf
fo:page-number-citation-lastで文書の最終ページを引用できるようになりました。
6.6.13 fo:folio-prefix
6.6.14 fo:folio-suffix
folio-prefix-suffix.fo

folio-prefix-suffix.pdf
fo:folio-prefix、fo:folio-suffixを使用すれば、fo:page-number、fo:page-number-citation, fo:page-number-citation-lastの前後の接頭文字、接尾文字を定義することができます。fo:folio-prefix、fo:folio-suffixは、fo:page-sequenceの子要素としてtitleの次に配置します。
6.4.6 fo:page-sequence-wrapper page-sequence-wrapper-1.fo

page-sequence-wrapper-1.pdf
fo:page-sequence-wrapperは、複数のfo:page-sequenceまたはfo:page-sequence-wrapperを含むことができる親要素です。fo:page-sequence-wrapperに指定したプロパティを子要素のfo:page-sequenceまたはfo:page-sequence-wrapperに継承させることができます。fo:page-sequence-wrapperは、fo:rootの子要素として、fo:page-sequenceと同じ位置に複数配置できます。

Copyright © 1996-2011 Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.