CSSによるプリントデザインの情報

最終更新日: 2010/07/21

CSSによるプリントデザインとは

CSS(Cascading Style Sheets)は1996年にレベル1が勧告され、Webページのレイアウトに広く使われています。現在、CSS2.1 (Cascading Style Sheets Level 2 Revision 1)が勧告候補として提唱されており、WebブラウザでもCSS2.1仕様サポートが進んでいます。

CSS2.1では、ページ媒体の概念が導入され、ページ区切りの指定ができます。しかし、印刷時のページサイズはブラウザ依存とされているなど、ページレイアウト機能はあまり強力ではありません。

これに対して、W3Cで策定作業中のCSS レベル3では、ページサイズを初めとして高度なページレイアウト機能、段組、縦書き、さまざまな言語の文字レイアウトなど、プロの印刷品質の組版もできる機能が多く定義されています。

こうして、CSSは、「Webデザイン」のためばかりではなく、幅広い印刷用途、PDFなどページ媒体のレイアウトにも使うことのできるスタイルシート仕様に進化しています。CSSを使ってXMLやHTMLをページ媒体向けにデザインすることを「プリントデザイン」と呼ぶことにします。

CSSによるプリントデザインは、現在、一般的ではありませんが、CSS3の仕様策定が進展するにつれて増えていくと予想します。

AH Formatter V5はCSS2.1の大部分の機能と、CSS3の多くの機能を先行実装しています。また、XSL-FO V1.1に対応するプロパティやアンテナハウス独自拡張機能も実装しており、高度なレイアウトのプリントデザインを実現することができます。

CSS組版ブログ

EPUBやCSSと日本語レイアウト、XML組版、AH Formatterについてブログを開設いたしました。[New]

☞ CSS組版ブログ

CSSプリントデザイン SaaS

CSSプリントデザインの素晴らしさを体験していただくサービスを開始しました。

☞ CSSプリントデザイン SaaS 評価ユーザ募集

「CSSによるプリントデザイン入門」配布につきまして

アンテナハウスでは、CSS3を使って印刷版を作成するための手引書として「CSSによるプリントデザイン入門」(60頁)を発行しました。初版は「CSSによるページデザイン入門」というタイトルを付けましたが、説明の内容は印刷専用の部分が多く、プリントデザインの方がより内容を正しく伝えるものと考えて、第2版よりタイトルを変更しました。

「CSSによるプリントデザイン入門」第2版

初版をご覧頂いた方からの組版体裁等につきまして訂正勧告、AH Formatter V5製品版発売に伴う記述内容の変更を行ない第2版としました。第2版よりPDF形式と、ソースファイルも配布開始します。

「CSSによるページデザイン入門」初版

「CSSによるページデザイン入門」初版は、2008年12月に開催のCSSセミナー、2009年1月東京で開催のCSSセミナー、2009年のPage 2009コンファレンス「XMLと日本語組版、CSS Print」で配布しました。

この中で、2008年12月8日(月)東京、11日(火)名古屋、12日(水)大阪で開催のセミナーで配布しました初版に誤りがありましたので、正誤表を作成しました。ご迷惑をお掛けしますが下記の表をご参考に訂正していただきますようお願いします。2009年1月東京で開催のCSSセミナー、Page2009コンファレンスで配布したものは訂正済みです。

「CSSによるページデザイン入門」2008年12月8日発行 初版正誤表
☞ 正誤表Webページ

「CSSによるページ組版入門」

CSSによるレイアウト見本

CSSを使用したレイアウト見本をご紹介します。ここでご紹介している見本のHTML+CSSファイルは、すべて AH Formatter で組版/印刷することができます。
また、AH Formatter で組版し、PDF 出力した結果も同時に紹介します。

以下では、CSSによる多様なレイアウト指定のサンプルをご覧いただけます。

日本語組版処理の要件(日本語版)

W3Cのタスクフォース(Japanese Layout Task Force)が作成中の日本語組版処理に対する要求仕様です。AH Formatterは、CSSとXSL-FOによる日本語組版において、この要件を満たすことを目標の一つに掲げています。

CSSプリントデザイン関連Q&A

CSSの情報源


Copyright © 1996-2011 Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.